スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙雨

2013.07.12 *Fri
すごい大雨でしたね。
本日、職場に行って退職の辞令いただいてきました。
花束貰った。早速玄関に飾る。

自分の都合というか、思いから決めた退職なのに、別れが辛くて泣けてくる。
帰りの車内で超泣きました。
5年半。長くもあり、短くもあり。
色々なこと思い出す。

私が思う介護と、職場の人たちが考える介護とが違いすぎて、ギャップを埋められなかった。
孤立してでも自分の意思を貫く人たちがいたけど、私はそんなに強くないから。
みんなが優しすぎて、それに甘えてしまって今の状況から抜け出せずにいる自分も嫌いだった。
ある人の入社から、どんどん職場の雰囲気が険悪になっていくのも辛かった。あの人に対する回りの悪意に同調することで、自分のストレスを発散させている自分が嫌いだった。
このままここにいても、自分は自分が目指す介護職員にはなれない。
みんなのことが嫌いだったわけではないから、別れるのはすごく辛い。でも、この職場での自分の未来は想像出来ないから。

5年半、色んな人に出会ったし、色んな人と別れた。
退職する先輩たちに、何度寄せ書き書いただろう。
こんなの貰ってもゴミになるだけだからやめればいいのに…ずっと思っていた。
自分が貰う側になってみると、一言一言読むたびになんだか切なくてやっぱり泣いてしまった。こんなことなら、今まで送った先輩たちにもっとちゃんとした事を書けば良かった。

所用済ませて帰る時施設の玄関で、ある利用者様が見送ってくれた。
いつも以上に濃いお化粧が、私を見送るためのものなのかと思ったら顔見ただけで泣きそうになる。泣くまいと我慢していたから、素っ気ない態度に見えたんじゃないかと心配。
この方は、失語がひどくてたまに失認もあって自分の思いを伝えるのに大変不自由していて、思いをストレートに伝えられずもどかしい思いもあるだろうに、苛つくことなくいつでも笑顔で一生懸命諦めずにジェスチャーする姿が大好きでした。
意思伝達に不自由しているのが、どことなくうちの母に似ていてなんだかほっとけない存在でした。
いつも私や、その方の担当職員が話を聞いていたから、伝えたいことがあるとき施設中探してくれたこと、きっと忘れられない。
いつか、少しずつでも言葉を話せるようになれる事、祈っています。まずは自分の名前から、ね。

今まで送ってきた利用者様、忘れられない人たくさんいます。
忘れっぽい私が、いまだに顔も名前も、どんな人だったかも残さず覚えている。
楽しい事、腹が立った事、笑った事、怒った事。
全てがいい思い出のような気がします。

私が入社した時からずっと私の言葉を、存在を、無視しつづけていた一職員からは、最後まで一言も言葉をいただけなかったのが残念。
何故そのような態度を取るのか、最後に聞いてみればよかったかな。なんでそんな大人気ない事するのか、私が一体あなたに何をしたのか。
私よりもずっと年上で結婚して子供もいて、人生の先輩なのにね。

来月からは新しい職場。
ワクワクよりドキドキ。
人見知りが激しいから馴染むまでが大変だろうと思う。
出来れば、一年くらいは少し暗いな~と思っても大目に見て欲しい。
一年過ぎたらはっちゃけるからね!(笑)
スポンサーサイト
CATEGORY : 非日常
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Copyright © たんぽぽ日和 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。