FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調不良につき

2012.06.04 *Mon
シオンが10日くらい前からカリカリフードを食べなくなり、数日前から旨々缶詰も残すようになり、今朝は見向きもしない状態に。
普段から偏食の激しい子だし、頑固なところの強い子だし、またハンストしてんのかな?くらいにしか思ってなかったのですが、ここ数日は足元フラフラで歩くのがやっと。排泄するために踏ん張る力もないという感じに、さすがにこれはいつものハンストとは違うな、思った飼い主2人。
これはおかしい・・・と動物病院へ。

簡易検査の結果、悪性リンパ腫だろうとのこと。
かなりあちこちに大きいのが出来ていて、最大で6センチくらいのがあるとか。
後は胸水が溜まってきているという事、腸にもいくつか出来ているのでそのために食欲がなくなったり吸収出来なくなっているのだろう、と。
結構危ない状態と言われてしまいました。
フラフラなのはほとんど食事してないために血糖値が極端に下がっているからだろう、と。
とりあえず、あまりに衰弱しているので点滴とかして体力回復してからじゃないと抗がん剤治療も出来ないとのことで1週間ほど入院する事になってしまったのでした。
抗がん剤治療は初期は1週間に1度1泊入院して抗がん剤投与しなくてはいけないという事で、とりあえずの問題は週1回病院に送り迎え出来る人手があるのか、ということ。
そして、月だいたい6~7万くらいかかるらしいので、その費用。
後は、自力で食事摂取出来るようになるまでは食事介助が大変だという事。
しょうがないんだけれど。

それにしても・・・抗がん剤やらないと1ヶ月はもたない2週間くらいが限界だろう、と言われたのが一番きつかった。
犬のリンパ腫は抗がん剤の効きにくいT型が多いけど、10歳以下のミニチュアダックスは比較的効きやすいB型が他の犬種に比べて多いようです。
まだシオン8歳だし。
抗がん剤治療によってリンパ腫がなくなる可能性はある、と言われました。
でも、その可能性とやらがどのくらいなのか・・・怖くて聞けなかった。
とりあえず、少しの可能性かもしれないけれど、希望があるかぎり信じてみたいと思う。
治療期間はおよそ半年くらいということだし・・・。

まさか、シオンが・・・という思いすごく大きい。
我が家の4匹の中でも一番長生きすると思っていたのに。
リンパ腫とやらはいつごろから出来始めていたんだろうか・・・2人で散々悩んだけれど、元々食が細かったし一日ずっと薄暗い物陰で寝ている生活でほとんど動かない子だったからさっぱりわからなかった。
他の元気な3匹に気を取られて、どれだけシオンを見てなかったんだろう。
シオンは昔は甘ったれな子だったはずなのに、歳を取ってからか犬が増えたからか、人に甘えてくることはなくなって1匹でこっそり過ごしている事が多くなった。
なんだか、思い返して見ると放ったらかし過ぎたなぁ、と痛感。
おうちに帰ってきたらシオンを甘やかし隊結成しましょう。

後は・・・検査の結果が良いものでありますように。
シオンが少しでも元気な状態で帰って来てくれますように・・・。
スポンサーサイト
CATEGORY : 動物病院
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Copyright © たんぽぽ日和 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。